勃起不全に関する誤解と真実


勃起不全に関する誤解と真実

勃起薬について、いくつかの補足説明をしましょう。

いくつかの理由があるが、最初は、すでに勃起組織が多壊れて回復不能な場合です。
最大の理由は、高齢化です。
ある程度海綿体組織が機能をしなければなら勃起薬が入っても効果を見ることができます。
だから80歳を超えて行けばこの薬を飲んでも効果がない場合が多い。

第二は、器質的に何の異常がない場合です。

血圧が非常に正常人が血圧の薬を飲んでも血圧が落ちません。
何異常がない10代半ばの男の子に勃起薬を食べていたかいない食べていたか何の変化がありません。
つまり極めて正常に人には勃起薬を食べることによって勃起力が強くありません。
他にも様々な原因を挙げることができるが、勃起薬がすべての人に精力剤のように作用しません。





バイアグラ、カマグラ、レビトラなどのED治療薬品が詳しく知りたい方、「ED治療Q&A|勃起不全治療剤が効果ない場合は?...正しい対処方法Q&A」をご覧ください。